読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チューバダイエットインストラクターの話

チューバの話はしません。

【白鳥湖全幕】松下浩子バレエスタジオ50周年記念発表会

送信者 2013-06-15

★松下浩子バレエスタジオ50周年記念発表会
     2013年6月16日(日) 鎌倉芸術館 大ホール


      発表会: 開場 11:30 開演 12:00  入場無料


      記念公演: 開場15:30 開演16:00 

             「白鳥の湖」全4幕
             演奏:Ensemble wits
http://www.ballet-hmbs.com/

送信者 2013-06-15

忙し過ぎて本番当日の写真はほとんどなし、
月曜日も余韻でずっと白鳥湖の音楽鳴ってるし。
そもそも有給飛んで仕事だったし。

へろへろだけど今書かないと駄目なので書いてる。

@@@@@@@@@@

送信者 2013-06-15

@@@@@@@@@@

9時入りで音出しするも前日の疲れでかなりへろへろ。クチ痛いし。
リハーサルは適当にこなしつつ、鬼門の曲を最終調整。

リハ終わった後は製本したり、ドトールのコーヒー飲んだり、
ステージドリンク作ったり、本番直前はほとんど吹かずに過ごした。

開場すると本当に満席。
相変わらずチューバのベルは子供に人気。


Introduction

ぐっーと引き込むオーボエ、ホルン、弦から金管の登場

幕が空いて大きな拍手ととにNo1の主題が鳴った時に泣きそうになった。
これだなぁという。

@@@@@@@@@@

個人的にはつまらない反省もあるけど、まぁ及第点?か?
凡ミスが一個あったのがなぁ、長丁場とはいえ。
時には弦バスのように、時には金管セクションアンサンブル、
時には打楽器のようにということで自由に吹かせてもらった。

本当にこんなに音出しているのに怒られないって俺は恵まれているなぁ。

全体的にはEnsemble Witsの名に恥じない、アンサンブルだったと思う。
抜群の安定感。崩れそうなっても崩れない。
聞きあえてるオケって少ないよね。

@@@@@@@@@@

今回は普段のコンサートじゃないので客席には
バレエ教室の子供達がいっぱい。

本番前も本番中も子供の前で吹くことって大切だよなぁと思っていた。
アマチュアだけど生のオーケストラをみることで少しでも子ども達の
心に残ればいいなぁと思う。

例えば今回、白鳥の湖に乗らなくて舞台で見た子が生オケと一緒に
踊ってみたいと思ってくれてバレエ続けてくれたらとか。

舞台に乗ってオーケストラと踊ったことで「もっと生のオーケストラと
踊りたい」と思ってプロを目指したりとか。

オーケストラに興味を持ってくれて楽器を始めてくれても良いし、
プロのオケとバレエに興味をもって劇場に足を運んでくれても良いし、

まぁ学校で自慢話にするのでもなんでも良いんだけどね

子供って夢があるし、未来があるから、そういう子たちにできれば
衝撃を与えるというか、アマチュアといえども本物に触れる機会を
提供することで何かー変わらないかなぁと。

何事も続けるのはすごく大変だと思うんだけど、日曜日に劇場にいた
子供達の中から音楽が好きになってくれたり、芸術に夢中になってくれる
子が育ってくれればいいなと思います。

まぁ酔っ払って先輩の車に乗って帰りながらもそんな妄想をしていた。
結構まじめに。

四年前にオーケストラ・ピットでくるみ割り人形を吹いた時は
こんなこと思わなかったと思う。
少し大人になったということか。

送信者 2013-06-15


送信者 2013-06-15

送信者 2013-06-15