チューバダイエットインストラクターの話

チューバの話はしません。

二郎の話

久々に平日休みだったので三田二郎に行ってきました。

ラバネロでお店についたのは10時10分くらい。平日は車多すぎて
都内は走れたもんじゃないな。いつもの道で田町から慶應の前の坂の登って
黄色い看板が見えた時、店外の行列がなくて、まさかの臨時休業かと思いきや
営業中だった。店内空き四席くらい?

いつもの匂い。オヤジさんではなく息子さんが麺あげしていた。
自転車を止めていつもの小ブタ。ヤサイニンニクアブラ。

結論からいうと、まずかった。
麺がゆるい。ブタがかたい。量はいつも通り。
だけどきつかった。

二郎をつくる所作はオヤジさんそっくりだった。
大ブタダブルを盛り付けた後に、上から素手でラーメンを
抑えて「湯切り」するところとか、ずっとくだらない話を
してたり、笑っていたり、親父さんが若返ったのかと思う。

でもね、まずかったんだよね。
もちろん、二郎に味のブレがあるのは織り込み済み。
それでも親父さんがいなくなって一杯目でまずいと
足が遠のく、そして自分が二郎の量を行けなくなってる
ことに薄々気づく。

二郎を初めて食べた時に「なんだ?これ、もう食べにこない」
っていうあの感じ、あそこまで私の二郎力は落ちたのかもしれない。

軟弱なラーメンばかり食べ過ぎて、二郎に自分の体が耐えられなく
なってしまったのか。悲しい。

去年の三田二郎の写真。

去年の写真をみるとーんーちょっと質落ちた?と思ってしまう。。。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

帰宅後に製本してチューバ練。
今後の本番はB管なんだけど、気分が乗らずF管で練習。

幻想、白鳥の湖、ジャズフレーズ集、一時間半ほどで終わり。
吹けるは吹けるけど、筋肉が持たないのが課題かな。