チューバダイエットインストラクターの話

チューバの話はしません。

えのらぼ 学祭ライブ

青学ロイヤルサウンズの現役の方々にお呼ばれして学祭ライブ。

大人げない演奏ってこういうのことを言うんだなぁと…

俺らが現役だった頃、OBがやってるバンドってもっともっと大人だったし、もっとスマートに音楽してたぜ。

控室でえのらぼの音出しを見ていた現役のC年、D年に「現役ですか」って言われた。
まぁ音量が音量でしたからね、がつんがつん。どかんどかん。

学生の人から言われて思ったが、えのらぼは「現役」なのだと思った。

〜〜〜〜

学生としての音楽、部活としての音楽の中にいる人を「現役」って表現するけど、
部活の音楽って凄く特殊な世界で音楽っていっても音楽意以外のことがいっぱいあって
それが楽しかったり、苦しかったりするのだけど、本当に「音楽」してる?って思うことがある。

えのらぼは純粋に「音楽」してる。音楽に現役で取り組んでる。
ブカツを現役で続けることはとても難しい。

現役に部活してるのと
現役に音楽してるのは違うのだぜ。

でも学生のみんなは現役に部活していてほしい。
音楽だけに取り組むのはそれからもで遅くないと思うしね。
たが部活に疲れて音楽をやめることだけはなくなって欲しい。

〜〜〜〜

えのらぼのライブは30分ぶっぱなしで超ハイテンション。
大人げないオトナを体現していた。

E年バンドくらいのノリなのに超上手い!みたいなそんな奇跡な感じ。

〜〜〜〜

飲み会も盛り上がり、途中参加で関係者の方々が途中合流。
学生ビックバンドのOBが主なえのらぼだけど、飲み会にはジャズ研含め
いろんな人がきてくれて、ありがたい。愛されてるバンドだ。


飲み会の時に23歳の子がいて「おなじくらいじゃん!」と言おうと思ったら自分は
25歳だった。

えのらぼ、始めた当初は23 24くらいのバンドだと思ってたけど、もう
あれから2年?3年?? 気がつけば結構いい年のバンドになっていた。

牛丼を二杯食べたり、つけ麺大盛り食べたりとかできなくなってきたけど
音だけは小さくならないぜ、絶対。