チューバダイエットインストラクターの話

チューバの話はしません。

椿ライン試走 93km 獲得1300m

今年、最後の夏日かな?と思いソロツーリングへ。
何で試走ってタイトルなんだ?

東京駅から東海道線輪行で小田原方面に。
小田原まで乗るつもりでしたが、あまりに天気が良いので
平塚で降りてR134を走ってみる。

しかしこれが失敗でR134工事中で大渋滞。
さらに自転車も多く気疲れしつつ小田原に。

小田原から湯河原までのアプローチも道が混んでて苦戦。
途中から旧道にはいるも道の下調べも足りてないしねぇぇ。

思えばこのあたりから既に無駄に体力を消費していたような。↑根府川こえたあたり。

真鶴で観光したかったけどスルーで湯河原。ここまでなにげに40〜45kmくらい?

真鶴は都市政策、景観条例で大学の講義で知ってから一度は訪れて観光したいと思っていたのだけど、
普通に県道?だか国道使ってスルー。

主要道路走ってる限り、街の特色とかって分からないよね。

昼も湯河原のコンビニで済ませて椿ラインへアプローチ。

ボトルに入れて余った氷でコーラ飲む。
見た目悪いけどうまい。

コーラは氷入れたほうがうまいよね。
なんかウィスキーみたいだなー。

峠のアプローチはよくある温泉街のメインストリート。
これが意外と斜度がキツめ。グネグネじゃなくて直線だからね。

消防署?を超えて有料道路と分岐するところからが本格的な峠道。

といってもさっきよりはゆるめで5%前後の道が続く。
前半は軽井沢の碓氷峠に似てるかなぁ。

ただバイクで攻めてる人がめちゃ多くて少しこわい。

斜度はきつくないけどとにかく長い椿ライン。

海沿いのR135から測れば20km。
温泉街抜けてたところからでも13~4km

しかも前半は見栄をはってギア重めにして
最後の27T温存で走ったので後半はタレタレ。
そもそも昔のロードよりインナーは大きくなっているのでそんな余裕はないのにね。

景色はそれなりいいけどくらくら。

途中で座り混んだりしながらなんとかかんとか登っていく。。

私の峠ルールとしてどんなに辛くても歩かないってのがあって、
足ついて休んでも押し歩きだけはしない。
まぁ椿ライン(斜度5〜7、8%)ごときで押し歩き云々というツッコミは置いておいて
10% 20%の道でも同じ、絶対あるかない。

まぁさっさっと痩せればいいですけどね、
ロードで走りこんでいた時よりプラス8kgという驚愕の体重ですから。。

登ってきた道

もうちょっと西側は夕暮れになっている

水も切れてへとへと
とにかくラーメン食いたい。

富士山


芦ノ湖のセブンで夕食。ラーメンうまー。

帰りは夜の旧道。。
まじ怖かったがそんな中でもクライムしている人が。。信じられない。異様だ。

小田原から輪行で帰ったら東京駅でツイッターやってた時の自転車クラスタ
知り合いにあって思わず声かけてしまった。

お互いに輪行中でした。輪行中の人ってみちゃうよねよね。